新着情報

国直轄工事 労災上乗せ保険を加入義務化へ

2020年2月17日

国直轄工事 労災上乗せ保険を加入義務化へ

 
国交省は、国直轄工事の元請け企業に対し、労災補償に必要な任意の保険契約を義務付けます。

 
【概要】
2020年度の土木工事積算基準の改定で現場管理費率を引き上げ、直轄工事の予定価格に任意保険の加入費を上乗せしたことに伴う措置。
今回の見直しにより、直接工事費2億円の工事では、現場管理費率が0・1ポイント上昇し、予定価格に約30万円を上乗せすることになる。発注者が保険料を負担することに合わせ、直轄工事では入札説明書で任意保険への加入を要件化する。
  
【労災上乗せ保険加入の現状】
労災補償に必要な任意保険は、建設現場で労働災害が発生して労災保険を給付される際、契約者に上乗せで給付金を支払うもの。現在、全国の建設会社の7割程度が加入しているという。
  
【経過】
災害時の応急復旧で2次災害に遭っても、国家公務員らは公的補償を受けられるが、建設業従事者を補償する規定はなく、改正品確法の制定時に全国建設業協会などが対応を求めていた。
  
【改正品確法での位置づけ】
改正品確法では、労災発生時の補償に必要の任意保険の保険料を予定価格に反映することを、新たに発注者の責務に位置付けた。
  

  
(建通新聞社より)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_//_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 神戸・兵庫・大阪での建設業許可申請,決算変更届,経営事項審査は、
 神戸|行政書士高見・伊達共同事務所にお任せください!
 お問合せは
 TEL/FAX 078-965-7000/078-965-7005
 Email:td-office@kfa.biglobe.ne.jp
 建設業許可申請代行サイトはこちら
 事務所所在地
 〒651-0084神戸市中央区磯辺通4-2-8田嶋ビル7F
 JR・阪急・阪神・地下鉄「神戸三宮」駅から南へ徒歩12分
 神戸国際会館の南徒歩7分,神戸市役所の南東徒歩5分
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

コメントは受け付けていません。

お申込み・ご相談はこちらフォームからのお申込み・ご相談
  • お申込み・ご相談はこちらフォームからのお申込み・ご相談
  • 格安決算変更届作成代行(全国対応)
建設業許可申請・決算変更届・
経営事項審査について



行政書士・高見事務所

木津総合法務事務所

こはる会計事務所

しあわせ相続センター



Copyright © 行政書士高見事務所 All Rights Reserved.