Q6 建設業許可には有効期限がありますか?

Q6 建設業許可には有効期限がありますか?

 
  A 建設業許可の有効期間は5年です

   建設業許可のあった日から5年目の建設業許可があった日に対応する日の前日まで

   ※有効期間の満了の日が日曜日などの休日でも、その日をもって満了します。

 
   ■建設業許可の更新手続

    建設業許可の満了する日前30日までに許可の更新の手続が必要です。

    ※もし、手続をとらないまま建設業許可の期間が経過した場合には、
     建設業許可の効力を失ってしまいます。その場合は、改めて、新規に建設業許可
     申請をする必要があります。

    ※新規の建設業許可申請となると、一般建設業の許可更新時には不要である財産的
     基礎又は金銭的信用要件を満たしていることを証明する必要が生じるなど、
     き直ちに許可を取ることがでない可能性がありますので、注意が必要です。

    ※建設業許可の更新の手続をしても、建設業許可の有効期間の満了日までに許可
     あるいは不許可の処分がなされない場合がありますが、この場合、従前の許可は、
     許可の有効期限満了後もその処分がなされるまでの間は有効です。

    ※ただし、大臣許可であったり、更新手続が有効期間の満了日の直前であったりした
     場合には、許可通知書が手元に届くまで長時間かかる場合があります。建設業法上
     は許可が有効でも発注者に許可通知書の写しを提出する必要がある場合には事前の
     説明が必要になるなどの問題も生じる可能性がありますので、余裕をもって申請
     することが必要です。

    ※決算変更届など変更届が提出されていない場合は、許可の更新の時期が到来した際
     に思わぬ問題が生じ、対処する時間的余裕がなく、更新そのものができない場合も
     考えられますので、決算変更届など変更届はその都度定められた期限内に提出し
     おくことが大切です。

 

お申込み・ご相談はこちら フォームからのお申込み・ご相談
  • お申込み・ご相談はこちら フォームからのお申込み・ご相談
  • 格安決算変更届作成代行(全国対応)
建設業許可申請・決算変更届・
経営事項審査について



行政書士高見伊達共同事務所

木津総合法務事務所

こはる会計事務所

しあわせ相続センター

Copyright © 行政書士高見・伊達共同事務所 All Rights Reserved.